このサイトでは、国際決済の手段として、外国為替について、種々の説明を試みています。

ビジネスマンのための金融資料〜外国為替について〜

国際決済としての外国為替

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在、グローバル経済の時代となっています。
世界各国が、経済交流をし、かつてのような保護主義の世界とはなっていないようです。
もちろん、世界には、色々な国があるため、経済交流を限定的にしているところもあります。
そうは言っても、経済大国、あるいは、経済成長し続けている国は、グローバル経済の真っただ中にいると言えるでしょう。
もっとも、2008年の世界同時不況により、グローバル経済の見直し論も出ています。
特に、国際金融制度については、国際経済会議などでも、議論が出ているため、将来的には、何らかの改善策が実施されるかもしれません。

そうは言っても、現在は、経済の壁を築くよりも、経済の壁を取り払った方が、結局自国のためになる、というのが、多くの国に共通していることかと思います。
そういう経済が活発に交流している現在においては、国際決済も数多くなされています。
国際決済とは、自国通貨のみならず、外国為替を利用した決済となります。
たとえば、円ではなく、ドル建てで物などを購入すれば、外国為替による決済となり、国際決済となります。
あるいは、ユーロでも、ポンドでも、同様であり、要するには、自国通貨以外の通貨で、決済を行うことです。
それだけ、外国為替が各国で活発に利用され、なおかつ、流通もし、さらには、投資にも利用されています。
では、一体、国際決済とはどういうものなのでしょうか?
単純に言えば、先にお話したように、外国為替による決済となりますが、その他にも、種々の特徴などがあり、世界経済のお金の流れを司り、経済循環の重要な機能にもなっているようです。

このサイトでは、そんな国際決済に焦点を当て、外国為替との関係を述べています。
基本的なことが中心ですが、外国為替の傾向なども、合わせて解説しています。
ご興味のある方々のお役に立つようであれば、誠にうれしい限りです。
脛長くお読みいただければ、サイト作成者として、非常に有難いことに思っています。

Copyright (C)2015ビジネスマンのための金融資料〜外国為替について〜.All rights reserved.